総量規制対象外

キャッシングでお金を借りたい時、「総量規制」という法律が有る事を知っておく必要が有ります。ただ、この法律の影響を受けるのは消費者金融や信販会社、いわゆるノンバンクが対象になっています。

 

総量規制で「融資限度額は年収の3分の1以内」と言う制限を受けるようになったので、ノンバンクでキャッシングをする時は、年収がなければ申込が出来ない事や、融資が受けられても最大で年収の3分の1以内と言う制限を受けます。

 

すべての金融機関が総量規制の対象になるのかと言えばそうではなく、銀行カードローンは総量規制の対象外になります。

 

総量規制の対象外になる銀行カードローンは、ノンバンクと比べて多くのメリットがあるので「キャッシングは初めて」と言う人におすすめのカードローンです。

 

 

≪目次≫

  1. 総量規制って何?
  2. 総量規制対象外になる「除外」と「例外」
  3. 総量規制対象外になる銀行カードローン
  4. 総量規制対象外のカードローン人気ランキングトップ3
  5. 総量規制対象外のカードローンの選び方
  6. 金利で比較
  7. 借り易さで比較
  8. 即日融資が可能なカードローン
  9. まとめに利用したいカードローン
  10. まとめ

 

 

総量規制って何?

2010年の改正貸金業法の改正で、総量規制が完全施行となりました。総量規制は、ノンバンク(消費者金融や信販会社)が融資をする際の上限を決めたもので、基本的に融資限度額は年収の3分の1以内と制限されます。

 

この法律は消費者金融や信販会社が守らなければならない法律で、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有る場合は、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書など)の提出を求めて、収入の確認をする事が義務付けられています。

 

なお、消費者金融のカードローンすべてが総量規制の対象になるのではなく、「おまとめローン」や「配偶者貸付制度」「事業主ローン」などは規制の対象外になります。

 

総量規制対象外になる「除外」と「例外」

 

ノンバンクでのキャッシングは、総量規制の対象になりますが、全ての商品が総量規制の対象になるわけではありません

 

総量規制から「除外」される項目や「例外」にあたる項目があり、それらは総量規制の対象外になります。

 

「除外規定とは」

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付
  • 有価証券担保貸付
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

 

「除外規定」になります。

 

日常生活に影響があるのは、不動産購入や不動産に改良のための貸付け(マイホームローンやリフォームローンなど)や(マイカーローンなど)、高額療養費の貸付が「除外」にあたります。除外項目は、総量規制の対象とならない貸付けの事で、同じ貸付けの残高があっても総量規制の貸付残高には含まれません。

 

たとえば、キャッシングの申込書に記入する、「借入残高」として記入する項目が有りますが、ここにはマイホームローンやマイカーローンのような「除外」にあたる貸付残高は含めなくても良いという事になっています。

 

「例外貸付とは」

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

「例外貸付」にあたります。

 

「例外貸付」でよく知られているのが、顧客に一方的に有利になる借換えになる「おまとめローン」や「借り換えローン」、専業主婦が申込める「配偶者貸付」、個人事業者が利用できる「事業者ローン」がこれに該当します。

 

例えば「おまとめローン」を利用したい時、年収300万円の人が、複数社で150万円を借入れている場合、すでに3分の1を借入している事になりますが、超えた部分の50万円について、審査で返済が出来ると判断した場合は、150万円までの融資が認められるというものです。

 

また配偶者の合わせた年収の3分の1以下の貸付は、本人主婦(夫)に収入がなくても、配偶者の同意が得られれば、年収の3分の1以内まで融資できるという規定があります。

 

これらの項目や規定が理解できていれば、お金を借りると言う事について、どこで借りるのがよいかと言う判断がしやすくなります。

 

総量規制対象外になる銀行カードローン

ノンバンク(消費者金融や信販会社)のカードローンは総量規制の対象になると言うことで色々な制限がありますが、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、融資を受ける際の制限は少なくなります。

 

「総量規制対象外になると」
  1. 年収による融資限度額の制限がない。
  2. 審査に通れば無収入でも借りられる。
  3. 年収確認がないので、収入証明書類の提出は銀行ごとで決められる。
  4. 年収制限がないので、「おまとめ」や「借り換え」の様な高額融資が可能。

大きく分けてこの4つが総量規制対象外のメリットと言えます。

 

年収による融資限度額の制限がない。

ノンバンクの場合、融資限度額に年収制限があるので、たとえば年収300万円の人が借りられる最大融資限度額は3分の1以内、100万円が上限になります。

 

銀行カードローンの場合、同じ年収でも年収の3分の1以内と言う制限はなく、審査によって融資限度額が変わります。

 

審査に通れば無収入でも借りられる。

また、キャッシングは基本的には年収が必要ですが、無収入の専業主婦でもお金が借りられる商品があります。

 

全ての銀行カードローンで扱っているわけではありませんが、専業主婦専用の商品として限度額30万円~50万円程度の融資が受けられるので、日常生活のお金を補う程度のお金ならいつでも融資が受けられます。

 

年収確認がないので、収入証明書類の提出は銀行ごとで決められる。

銀行カードローンの場合、年収確認のための書類の提出は、それぞれの銀行に任されており、100万円以下、200万円、300万円以下は収入証明書類の提出は不要、というカードローンもあるので、高額融資を受ける時でも本人確認書類だけを用意すれば申込が出来ます。

 

年収制限がないので、「おまとめ」や「借り換え」の様な高額融資が可能。

複数社から借りているお金を1社にまとめたい時や、金利の低い金融機関に借り換えたい時が有ります。

 

消費者金融には「おまとめローン」や「借り換えローン」と言うような商品がありますが、これらの商品を利用すると、ほとんどの場合、契約上完済するまで新たな借入が出来ない事になっています。

 

しかし、銀行の一般カードローンは金利が低く、融資限度額が高いので、おまとめや借り換えにも利用できます。一般カードローンなら返済が進み、融資限度額に余裕が出来ればその範囲内で新たな借入が出来るというところに違いが有ります。

 

総量規制対象外のカードローン人気ランキングトップ3

銀行カードローンは、大手銀行や都市銀行から信用金庫まで、ほとんどの金融機関がキャッシングに力を入れています。銀行はそれぞれが基準を設け、他社との差別化を図るため、低金利で高額融資が可能な商品を用意し、顧客獲得に努力しています。

 

数あるカードローンの中でも人気が有るのは、

 

カードローン名 金利(年) 融資限度額
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6% 500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円

 

この3社はおまとめに強いカードローンや即日融資に強いカードローン、専業主婦でも借りられるカードローン、と言うようにそれぞれに特徴が有り、口コミなどでも人気のある銀行カードローンです。

 

総量規制対象外のカードローンの選び方

初めてキャッシングを擦る人の中には「数あるカードローンの中から、どこを選べばよいのかわからな」と言う人も少なくありません。キャッシング会社を決める時は、基本的にまず何に利用したいのかという目的が決まっていれば、キャッシング会社を選ぶ事はそれほど難しい事ではありません。

 

たとえば

 

・「金利の低いところ」
・「借り易いところ」
・「即日融資で借りたい」
・「借入をまとめたい」

 

と言うように、目的を決める事でどこへ申込むのが一番いいのかが見えてきます。

 

金利で比較

カードローンを利用する時、一番気になるのが、借りたお金にどれくらいの金利を支払う事になるのかという事ではないでしょうか?金利はそれぞれの銀行で違いがあるので、金利の設定が返済にどう関係してくるのかを知っておく必要が有ります。

 

「出来るだけ低い金利で」

「おなじ借りるのならできるだけ低金利で」と誰もが思う事ですが、基本的に金利が低ければ低いほど審査が厳しくなると言われています。消費者金融の場合、リスクを避ける為、金利は高めの設定になっていますが、比較的審査通りやすいというメリットがあります。

 

大手消費者金融の金利は下限金利4.5%~上限金利18.0%程度でどこもほとんど同じですが、銀行カードローンの金利設定はさまざまで、最も低金利のカードローンは住信SBIネット銀行のカードローン「Mrカードローンプレミアムコース」で、下限金利0.99%~上限金利7.99%といった低金利で融資している銀行があります。

 

しかし、この商品は、魅力的な金利を提示していますが、審査が厳しいため誰でも借りられるわけではありません。勤続年数が1年以下というように短い場合や、正規雇用でない、パートやアルバイト、派遣社員などは借入が難しくなります。

 

他社借入が多少あっても借入れは出来るようですが、収入や属性に対して借入が多すぎる場合は断られます。また、申込みや返済の方法が限られているので、利便性の面でも他社に比べて劣っていると言えるかもしれません。

 

キャッシングはお金が借りられなければ申込をしても何の意味もありません。どれくらいの金利なら妥協できるか、借入がしやすい事や利便性なども併せて考える必要が有ります。

 

「金利比較は同じ条件で」

お金を借りる時、借入先の金利を比較する事が有ると思いますが、初回借入時に金利を比較する時は、上限金利で比較する必要が有ります。

 

オリックス銀行

カードローン

三菱UFJ銀行

カードローン

三井住友銀行

カードローン

700万~800万円 1.7%~4.8% 4.0%~4.5%
600万円~700万円 3.5%~5.8% 4.5%~5.0%
500万円~600万円 5.0%~6.0%
400万円~500万円 4.5%~8.8% 1.8%~6.1% 6.0%~7.0%
300万円~400万円 6.1%~7.1% 7.0%~8.0%
200万円~300万円 5.0%~12.8% 7.1%~9.6% 8.0%~10.0%
150万円~200万円 9.6%~12.6% 10.0%~12.0%
100万円~150万円 6.0%~14.8%
100万円
100万円未満 12.0%~17.8% 12.6%~14.6% 12.0%~14.5%

 

たとえば、100万円未満の場合、オリックス銀行カードローンの場合は12.0%~17.8%、三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は12.6%~14.6%なので、この17.8%と14.6%を比べなければなりませんが、金利の比較は借入希望額によって変化するので、自分が借りたい金額で比較する必要が有ります。

 

たとえば、100万円未満の場合、三菱東京UFJ銀行カードローンの方が金利は低いですが、300万円を借りたい時、オリックス銀行カードローンの金利は5.0%、三菱東京UFJ銀行カードローンは7.1%になるので、300万円を借りる時はオリックス銀行の方が金利が低くなります。

 

金利を比較する時は、上限金利だけの比較ではなく、借入希望額で金利比較をする必要が有ります。

 

借り易さで比較

「借り易さと金利の関係」

「銀行カードローンの審査は厳しいか緩いか」という事がよく話題になっていますが、借り易さと金利は大きく関係しています。

 

たとえば、オリックス銀行カードローンの、最高金利は消費者金融並みの17.8%になっています。

 

「金利が低くなればなるほど審査が厳しくなる」というのが一般的で、金利が高く設定されているという事は、ある程度リスクの高い人にも融資出来る金利設定となっているからで、上限金利17.8%と言うのは、オリックス銀行カードローンがいかに積極的に融資しているかという事のあらわれです。

 

仮にオリックス銀行カードローンの上限金利が大手銀行並みの14%前後で設定されているとしたら、審査が厳しくなります。

 

「保証会社が2社ある事のメリット」

一般的に銀行カードローンの保証会社は同じグループ内の消費者金融や信販会社などが保証会社になっていて、通常、保証会社は1社のみです。

 

しかし、オリックス銀行カードローンはオリックス・クレジット株式会社と、新生フィナンシャル株式会社の2社が保証会社になっています。

 

保証会社が2社という事はどちらの審査にも通らなければならないという事ではなく、どちらかの保証審査が通れば融資が受けられる事になります!

 

これは申込み者にとって非常にメリットがある事で、仮にオリックス・クレジット株式会社の保証審査に通らなかったとしても、新生フィナンシャル株式会社の保証審査が通れば、融資が受けられます。

 

銀行カードローンを借りる上で、一番のネックは保証会社の審査に通る事です。オリックス銀行カードローンの保証会社が2社ある事は、他の銀行カードローンと比べても、比較的審査が通りやすくなっていると言えます。

 

即日融資が可能なカードローン

即日融資は、消費者金融のお家芸のように言われていましたが、最近では総量規制対象外のカードローンでも即日融資が可能なカードローンが増えています。

 

即日融資で人気が有るのは、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」や三井住友銀行カードローンに人気が有ります。

 

「三菱東京UFJ銀行カードローンの即日融資」

バンクイックはテレビコマーシャルでも「インターネット申込なら最短30分で審査が完了」とか「テレビ窓口からの申込は最短40分でカードの受け取りが可能」と宣伝しているように、早期から即日融資を可能にしている銀行カードローンのひとつです。

 

バンクイックの申込方法は、

  1. インターネット
  2. テレビ窓口
  3. 郵送
  4. 電話

の4つの申込み方法がありますが、即日融資で借りる時は、郵送以外で申込む必要が有ります。

 

バンクイックのWEB完結申込は、申込みから契約までがすべてネットで手続きできるという点にあります。ただし、WEB完結から申込む場合は、三菱東京UFJ銀行に口座を持っている必要があります。

 

どの申込方法を選んでも、カードの受け取り方法はテレビ窓口か郵送になります。テレビ窓口はカードローンの契約以外にも用途があるのですが、時間帯によっては契約手続きからカード発行まで数十分待っていなければならない事もあります。

 

WEB完結で申込めば、契約手続きまでネット上で済ませてしまうことができるので、最短即日でお金が借りられます。

 

「三井住友銀行カードローンの即日融資」

三井住友銀行カードローンも即日融資で人気のあるカードローンで、即日融資を申込む場合は、インターネット申込みが便利です。大部分がコンピューターによる審査なので、最初からデータの状態で情報が届く、インターネット申込みは最速で審査結果が出る申込み方法です。

 

WEB完結申込なら24時間、何時でも申込を受け付けているので、隙間時間を見つけて申込をしておけば、順次審査を受けることが出来ます。また、ローン契約機からでも申込は出来ますが、ローン契約機を使う場合でもWEBサイトから申込を済ませ、ローン契約機からカードを発行してもらう方法もあります。

 

三井住友銀行カードローンの即日融資で注意が必要なのは、WEB申込みの「申込み情報」にある「カードの受け取り方法」です。

 

受け取り方法に「ローン契約機(ACM)受取」を選択する事がポイントで、ACM受取の場合は、審査結果発表後指定したACMで必要書類の提出をすれば、その場でカードを受け取る事が出来ます。

 

さらに注意が必要な事はACMによるカード受取は必要書類の提出を兼ねるので、本人確認書類などを忘れず持っていく必要が有ります。契約完了後、ACMでカードを受け取れば、後はそのカードで三井住友銀行ATMや提携ATMでお金を引き出せばそれで即日融資は完了です。

 

借入返済に利用できるATMは、三井住友銀行ATMの他に、ファミリーマート(イーネットATM)、ローソン(ローソンATM)、セブンイレブン(セブン銀行ATM)といったコンビニやゆうちょATMからお金が引き出せます。

 

おまとめに利用したいカードローン

おまとめとしておすすめなのが「オリックス銀行カードローン」で、金利の低さや借り易さで人気のある銀行カードローンです。

 

「オリックス銀子カードローンのスペック」
年利 1.7%~17.8%
融資限度額 最大で800万円

 

オリックス銀行カードローンは年利1.7%~17.8%、融資限度額は最大で800万円と高額融資が可能です。さらに、収入証明書類は借入希望額が300万円まで不要なので、運転免許証や健康保険証があればすぐに申込が出来ます。

 

「借入方法を比較する」

オリックス銀行カードローンは特に口座の指定はなく、どこの銀行口座であっても利用できます。即日融資を受けたい時は、振込口座をジャパンネット銀行で作っておけば、24時間365日申込をすればいつでも振込をしてもらえます。

 

他の銀行でも平日の8時40分から15時までに振込依頼が可能なので、契約完了後は即日融資が可能です。

 

「利用できるATMは95,000台以上」

借入や返済にローンカードを利用している人も少なくありません。オリックス銀行カードローンは借入や返済に提携ATMを利用する時は、何度でも手数料無料で利用できます。

 

「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」「ゆうちょ銀行」「西日本シティ銀行」「セブン銀行」「イオン銀行」「E-net」「ローソンATM」など、全国95,000台以上のATMが無料で利用できるというお得なサービスが用意されています。

 

まとめ

最近の銀行カードローンは即日融資を行っている業者も増えた事で、「低金利で高額融資」「即日融資」も可能な銀行カードローンは消費者金融のサービスを上回っているとも思えます。

 

お金を借りる時は、借りる目的をはっきりとさせる事が重要で、今日明日中にお金が借りたい時は、即日融資が可能なカードローンを選ぶ必要が有ります。ただ、いくら急ぐからと言って金利の比較もせずに申込をしてしまうと、後で後悔する事にもなります。

 

銀行カードローンのメリットは何と言っても「低金利で高額融資」が可能な事です。どんなに急いでいても、金利の確認だけは忘れないようにする事がポイントです。

 

また、「今すぐ必要はないけれど、いずれ借りるようになる」と言う人は、後で後悔しない為にも、十分に時間をかけて、金利や限度額、利便性などを比較し、自分の環境に合わせた借入先を選ぶ事が重要になります。