総量規制対象外のカードローンと総量規制のカードローンの違い

総量規制対象外のカードローンと総量規制のカードローンの違いについて

2010年の貸金業法の改正で、過剰融資を防ぐために総量規制が完全施行となりました。

 

総量規制では「融資限度額は年収の3分の1以内」と制限されるようになったので、これまでのようにいくらでも借りられるという事はなくなりました。

 

総量規制は、すべての金融業者に適用されるものではありませんし、総量規制の中にも「除外」や「例外」と言うような、総量規制対象外になる貸付もあります。

 

総量規制の対象になるのは

総量規制の対象になるのは、ノンバンク(消費者金融や信販会社)が対象になります。ノンバンクだけにこの法律が適用される理由は、過去にノンバンクからの借入は高金利で貸せる人にはいくらでも貸すという事が頻繁に起こり、返済に困った人は返済の為に新たな借入をし、自転車操業で多重債務者となっていきました。

 

やがて、借入が出来なくなった消費者は夜逃げや自己破産、最悪自殺者が出るというような問題が発生したため、金融庁が消費者を守るという意味から、貸金業法の改正を行い、新たに総量規制が導入されました。

 

総量規制は年収の3分の1以内と言う制限が有るので、例えば年収300万円の人がノンバンクでお金を借りる時は、最大で100万円までになります。

 

総量規制対象外になる除外と例外

総量規制には「除外」になる貸付と「例外」になる貸付が有ります。

 

「除外」貸付は総量規制の対象にならない貸付で、たとえば、住宅ローンやマイホームローンは総量規制の「除外」にあたるので、これらのローンの借入残高がいくらあっても年収の3分の1以内に含まれません。

 

ちなみに

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付
  • 自動車購入時の自動車担保貸付
  • 高額療養費の貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

「除外貸付」になります

 

「例外貸付」とは、本来融資限度額は3分の1以内と制限されているのですが、「顧客に一方的有利となる借換え」や「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」「個人事業者に対する貸付け」など、たとえば「おまとめローン」や「借り換えローン」専業主婦のキャッシング、個人事業者への貸付などは、年収の3分の1を越えても、超えた部分について返済が続けられると判断した場合は貸付をしても良い事になっています。

 

  • 顧客に一方的有利となる借り換え
  • 緊急の医療費の貸付
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付
  • 個人事業者に対する貸付
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付

などの貸付は「例外貸付」になります。

 

「おまとめローン」や「借り換えローン」をノンバンクで利用する時は、注意が必要です。消費者金融の「おまとめローン」を利用した場合、借入限度額によって金利が変わってくるのですが、銀行カードローンのように金利表を公開していません。

 

ですから、利息制限法では100万円以上の借入金利は15.0%以下と決まっていますが、果たして、いくらまで金利が下がるのかが解りません。「おまとめローン」を利用する時は、最初にサポートセンターなどへ電話を入れて、自分の常用ならどれくらいまで金利が下がるか相談してみる必要があります。

 

総量規制対象外のカードローン

これまで述べてきたように、総量規制の対象になるのはノンバンクだけになります。キャッシング会社には銀行カードローンもありますが、銀行カードローンは銀行法で事業を行っているので、貸金業法の影響は受けません。従って、銀行カードローンは「総量規制対象外のカードローン」になります。

 

総量規制対象外になっていることで、

  1. 融資限度額や金利は、銀行独自の審査基準で決められる。
  2. 融資限度額は審査に通れば年収の3分の1以上でも貸付が可能。
  3. ノンバンクで借入が難しい専業主婦でも借入が可能。

と言うような、多くのメリットがあります。

 

低金利で高額融資はおまとめに最適

総量規制対象外のカードローンは、低金利で借りられる上に、高額融資が可能なので「おまとめ」に最適のカードローンです。中でも「オリックス銀行カードローン」はおまとめしやすい事で人気が有るカードローンです。

 

オリックス銀行カードローンは年利1.7%~17.8%、借入限度額は最大で800万円、所得証明は300万円まで不要な銀行カードローンです。オリックス銀行カードローンの高い限度額と低い金利は、複数の借入れを一本化する「おまとめ」や他社からの「借り換え」に最適なカードローンです。

 

カードローンの申込も来店や口座開設は不要で、すべてがインターネット上で完結します。保証会社の保証が得られれば担保や保証人も用意する必要がなく、申込は本人確認書類だけで申込が出来ます。

 

オリックス銀行カードローンは「総量規制対象外のカードローン」のメリットが十分に生かせているカードローンです。